fc2ブログ

いくら丼

①淡口しょうゆ(適宜)・塩(適宜)・みりん(適宜)好みに合わせる。
②いくら(予算にゆるす限り)1~2日ほど漬けこみ、
③熱々のごはん(適宜)丼に盛ったところへ、のせる。

*鮭の焼いた身をほぐしてのせる(必ず大葉の刻んだものをいっしょに)と、海鮮親子丼になる。
*いくらの量が少ないときは、刻みのりを散らすという手もある。
*漬け汁は、酒としょうゆの同割という方法もある。このときは、全体に浸け汁が回るようにやさしく混ぜ合わせたら、3時間ほどおく(泡が出なくなればOK)。その間も1、2回上下を返すように混ぜること。(こうすると、密封容器に入れて、そのまま冷蔵庫で2週間もつとのこと)
*いくらの自家製、その1。
①新鮮な鮭の腹子(筋子)を買ってきたら、腹子の袋をやさしく割いて、なかからいくらを手でかき出し、ざるに入れる。
②人肌ほどのお湯をざあざあかけながら、ふり洗いして、水にあける。
③再び、ざるに入れて、人肌ほどのお湯をざあざあかけながら、ふり洗いして、水にあける、ということを、何回か繰り返すと、薄皮が白濁しては、きっと、はがれていくはずである。
④薄皮が、うまくはがれたら、パンパンと、空中で(ほんとにどこかにぶつけてはダメですよ)、ざるをたたきつけるようにすると、いくらがひとつづつ、パラパラにはずれるので、そこで、きれいに水を切ってしまえば、おしまい。(この時点で長く保存したいときは、冷凍するとよい)
*いくらの自家製、その2。
①腹子(筋子)を塩湯(海水程度の塩分<3.5%ほど>で、最初は手を入れられない熱さ<70度ほど>だが、筋子を入れるとようやくやっと手を入れられるほどの湯加減でないとうまくいかないらしい)に入れて、ナイフかヘラか菜箸か何かで、手早くかき混ぜる。
②手を入れられるほどに湯温が下がってきたら、手でもむように皮を除いていく。
③7、8割がた皮がはがれたら、湯を流して、水で一気に冷やして、汚れを洗い流す。
④うすめの塩水に入れて、残った薄皮を丁寧に取り除く。(ここまでは手早くやる!最低20分でやるべし!)
⑤きれいに取れたら、ざるにあげて、2、3分おいて水を切る。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

コメント

初めまして♪
立川でデリバリーヘルスを営んでいるものです(VvV)♪

いつも楽しく拝見させていただいてます♪


不景気ですが
お互い頑張りましょう!!!

また覗かせていただきます☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bruce7.blog75.fc2.com/tb.php/127-b46ecad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

8ppy

Author:8ppy
あちゃぱぁふぉっふぁぱっぱらぱ。
うまい安い簡単料理レシピ大ちゅき。
手抜き本格美味微味もちろん大ちゅき。
B級C級無関係に大ちゅきです。

目指せ、2000レシピ!

↓↓ たのんまっせぇ ↓↓

にほんブログ村 料理ブログへ

最新の記事

[12/07] 海老五目豚まん(生肉包)

[12/03] 水菜の浅漬け・その1

[11/30] 551もどきの豚まん

[07/17] 包子

[06/17] こねぎ丼

[05/08] しうまいのつけ汁(しうまい・おまけ編4)

[04/08] つぶあんとーすと

[03/13] しうまい用の鶏がらスープの本格的作り方(しうまい・おまけ編3)

カテゴリー

calendar

リンク

このブログをリンクに追加する

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと」始めました。
大阪が生んだ大衆芸能「人形浄瑠璃・文楽」を、ほんすこし応援します。


文楽ふたたび

 


料理についてのブログを表示する.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

 

最近のトラックバック

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード