fc2ブログ

相撲部屋の湯豆腐のたれ

卵黄が、こくと粘りを出してくれます。
青のりが、香りを、
削りかつおが、あじを添えます。

①ねぎ(たくさん)刻んだのを、たっぷり、ボウルに放り込み、
②削りかつお(たくさん)大づかみして、加え、
③青のり(たくさん)香り付けに、たっぷし、加えて、
④卵黄(適宜)加えたら、よく混ぜこみ、
⑤醤油(適宜)味をみながら、少し辛めに割り入れたら、


スポンサーサイト



テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

みそラーメンのたれ

みそラーメンと言えば、
ボク的には、合いびき肉ともやしが必須である。
なぜなら、ボクがかつてよく食べた、みそラーメンが、
そうだったからである。
一味唐辛子を、思いっきりかけて、
汗を噴き出させつつ食べたものである。

①赤みそ・白みそ(各大さじ2)ボウルか何かに入れ、
②にんにく・しょうが(各1かけ)おろし入れ、
③ねぎ(大さじ1)みじんにしたのを加え、
④ラード(大さじ1)・ごま油(小さじ1)・ラー油(少々)いっしょに加え、
⑤醤油(小さじ1)垂らしこんだら、よく混ぜ合わせる。
⑥ラーメンスープ(適宜)好みの味に伸ばす。

*ラーメンスープは、チキンスープの素でもよし、手作りスープ(ここをご参照ください)でもいい。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

しょうゆラーメンのたれ(お手軽派)

ラーメンは、麺とスープとタレの3要素で成り立っているらしい。
もちろん、タレにも秘伝が幅を利かせていると言う。
そこで、男らしく、
そういう風習をバシッと断ち切って、ご紹介しようではないか。

①サラダ油(適宜)熱した鍋に垂らし入れて、しっかり鍋肌になじんだら、
②にんにくスライス(1片分)・生姜スライス(3枚)・白ねぎ(丸ごと1本)
いっしょに放り込んで、
中火で、焦がさないように、
全体に火が通って、しんなりするまで、炒める。
③スープ(カップ1)注ぎ入れ、
煮立ってきたら、炒めた野菜を取り去る。
④酒(大さじ2)・味醂(大さじ1)・醤油(カップ1)・塩(少々)
いっしょに加えて、
とろ火で、半量になるまで、焦がさないように煮詰める。

*器に、タレ(1/4)を入れて、スープで伸ばし、そこへ湯掻いた麺を入れ、具を乗せる。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

グッチ祐三の焼き鳥のタレ

これも、非常に簡単な割には、
結構、評判のよかったタレのようです。
グッチ祐三氏の簡単の秘訣は、「同割り」。
つまり、1:1:1という、黄金比率。
これなら、簡単に覚えられるし、使いやすいですね。

①出汁醤油・みりん・オイスターソース(各同割り)
いっしょに混ぜあわせたら、
あとは、鶏肉にからめるだけ。

*出汁醤油は、めんつゆでもOK(だと思う)。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

練りわさび(本わさび風味仕上げ)

昨今、本当のわさびより、
チューブ入りのわさびのほうが人気があるとか。
その理由は、あの粒々感。
あれが、本物らしく感じるらしい。
しかし、本当のわさびは、鮫皮でおろすほど、
肌理は細かいもの。
ところで、本物のわさびは高いもの。
そこで、粉わさびを使って、本物に近づけようというのが、
今回の魂胆。
しかしながら、
チューブわさびのほうが人気の高いという傾向に水を差すような、
本わさび風味というのは、果たしてニーズがあるのだろうか。

①大根(適宜)皮をしっかりと剥いて、
肌理細かくおろし、布巾で漉す。
②粉わさび(適宜)加えて、練り合わせる。

*大根は必ず皮をむくこと。肌理が粗くなるので。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

万能みそだれ

高級料理店では、味醂は使わないそうですが、
ここでは、なぜか使います。
卵黄を使うとありますが、ここは、全卵でもいいでしょう。
白身の使い道のある人は、もちろん、黄身だけでどうぞ。
なぜ、万能かと言えば、
あとひと手間かけるだけで、色々な料理に使えるからです。

①西京みそ(500g)鍋に入れたら、
②砂糖(カップ1/4)・味醂・酒(各大さじ3)加え、
③卵黄(2個)いっしょにしたら、
とろ火にかけて、木杓子でかき混ぜながら、
みその固さに戻るまで、根気よく練り上げる。

*ふろふき大根には、そのままで使う。大根は、皮を剥いて、米(少々)を加えたたっぷりの水で、柔らかく茹で上げます。
*れんこんや豆腐の天ぷら、蒸し茄子、茹で小芋、田楽、おでんにも、そのまま使えます。
*すり胡麻を入れると、胡麻みそになります。
*柚子を、おろしこむと、柚子みそ。
*酢を加えたら、ぬたに使えます。
*さばのみそ煮のときは、水(出汁)で薄めて、醤油をたらします。
*もちろん、日保ちは十分します。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

ふろふきみそ(高級料亭風)

風呂吹き大根のいわれは、諸説あるが、
レシピ的には、大根を厚めの輪切りにして、茹であげ、
みそだれを添えるだけのもの。
いたってシンプルではあります。
主役は、もちろん大根ですが、
味の決め手となるのが、みそだれ。
そこで、とっておきのみそだれのご紹介を。

①八丁みそ(200g)鍋に入れたら、
②酒(カップ2)注ぎ入れ、
③玉子(2個)よく溶いて、裏漉ししたものを加えたら、よくかき混ぜる。
④砂糖(140g)味をみつつ、かき混ぜながら、少しづつ加え、
味も決まり、どろっとしてきたら、火にかけ、
ぷつん、ぷつんとみそが飛ぶほどの中火(弱火にしない!)で、
鍋底いっぱいには火を当てず、
真ん中なら真ん中と、火の当てるところを絞り、
その火の当たっているところで、
しゃもじで、とっとっとっとっとよく練リ続ける。
 ↓
ぺたぺたになりかけたら、弱火に落し、
焦がさないように、さらに、よくよく練り上げる。

*八丁みその代わりに、白みそでもOK。そのときは、砂糖は控えめに。もちろん赤みそでもOK。a href="http://bruce7.blog75.fc2.com/blog-entry-477.html"target="_blank">みそについては、ここをご参照ください。
*高級料亭では、卵黄しか使わないそうですが、家で作るときは、全卵でOK。ただし、必ず裏漉しすること(みそに玉子を加えるときは、必ずです)。
*中火にかけて練り上げるときは、みそが飛び出してきて、火傷するので、手袋か何かをするとよいそうです。
*絶対に焦がさないようにしましょう。
*焦げやすい味醂は絶対に使わないこと。
*室温で、10~15日は保つそうです。
*八丁みそや、赤みそのときは、鶏挽肉を入れてもよいが、白みそのときは絶対に入れないこと。鍋に酒を入れて、そこへ鶏挽肉を加えて、ばらばらにほぐしてから、火にかけて、そぼろにし、煮汁ごとみそだれに混ぜ込みます。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

梅だれ

いつものしゃぶしゃぶに飽きたときや、
焼肉を、ジャパネスクに食べたときに、
暑気払いのそうめんの変わりつけだれとしても、
変わったところで、竹の子ステーキのソースに、
ぜひ、ご活用を。

①梅干(好きなだけ)皮と種をとって、すり鉢で摺ったら、
②砂糖・味醂(適宜)味をみながら、加えて、
③出汁(適宜)好みに伸ばす。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

プロフィール

8ppy

Author:8ppy
あちゃぱぁふぉっふぁぱっぱらぱ。
うまい安い簡単料理レシピ大ちゅき。
手抜き本格美味微味もちろん大ちゅき。
B級C級無関係に大ちゅきです。

目指せ、2000レシピ!

↓↓ たのんまっせぇ ↓↓

にほんブログ村 料理ブログへ

たれの記事

[12/18] 相撲部屋の湯豆腐のたれ

[10/03] みそラーメンのたれ

[10/02] しょうゆラーメンのたれ(お手軽派)

[09/08] グッチ祐三の焼き鳥のタレ

[08/22] 練りわさび(本わさび風味仕上げ)

[08/22] 万能みそだれ

[08/21] ふろふきみそ(高級料亭風)

[08/21] 梅だれ

→次

カテゴリー

calendar

リンク

このブログをリンクに追加する

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと」始めました。
大阪が生んだ大衆芸能「人形浄瑠璃・文楽」を、ほんすこし応援します。


文楽ふたたび

 


料理についてのブログを表示する.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

 

最近のトラックバック

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード