fc2ブログ

いとこんと鶏肉と貝柱の辛煮

これじゃ、ひょっとして、いとこんがかすんじゃうな。
鶏肉と貝柱。
ほんとうに、相方として必要なんだろうか。
というよりも、これは、「鶏肉と貝柱といとこんの辛煮」としてもいいし、
もちろん、「貝柱と鶏肉といとこんの辛煮」としてもいいのでは。
うーん、どうしよ。

①糸こんにゃく(1袋:300g)熱湯で、2~3分茹でたら、
水洗いをして、水気を切り、食べよくざく切りにしたら、鍋に入れる。
②帆立て貝の貝柱(2個)1cm角に切って、別の鍋に入れ、
③酒(少々)振り入れたら、からいりし、水気を切って、いとこんの鍋に入れ、
④鶏肉(100g)1cm角に切ったのを、いっしょに加えたら、
⑤醤油(2)・酒・味醂(各1)合わせたのを、ひたひたに注ぎ入れ、
弱火で、じっくり煮含める。
 ↓
自然に冷ましたら、
器に盛る。


スポンサーサイト



テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

いとこんの炒り煮

いとこんだけを、シンプルに味わいます。
どちらかといえば、酒の肴かな。
味醂とか砂糖を使って、甘めに仕上げたら、
ごはんのおかずになりそうですが。
甘辛くするのなら、焼き豆腐を細かに切って、いっしょにしたらどうだろうか。
感覚的には、すき焼きの残り的なものなんですが。
それをご飯にかけてしまうと、ねこまんま。

①いとこんにゃく(好きなだけ)熱湯で、2~3分湯掻き、アク抜きしたら、
水気を切って、食べよく切る。

②ごま油(適量)熱した厚手の鍋に入れ、しっかりと鍋肌になじませたら、
いとこんを放り込んで、よく炒め、
③酒・醤油(各適宜)ひたひたよりもやや少なめに注ぎ入れ、
弱火に落し、汁気がなくなるまで、根気よく炒りつけて、火を止める。
④粉かつお(適宜)好みで散らし入れ、
⑤七味唐辛子(適宜)好みで振り入れたら、ひと混ぜ。

*ごま油は、上質のものを。(竹本や九鬼の太白胡麻油とか)
*粉かつおは、削り節を乾煎りし、からからに乾かしてからよく揉んで、粉にする。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

しらたきの真砂煮(その2)

仕上がりは同じようですが、
手順は、逆です。
ちょっと、調味料にも違いがありますし、炒めもありません。
どちらのやり方が作りやすいか、
どちらのほうが美味しいか、
それは、どちらも作ってみてから、
どうか、ご感想をお聞かせください。

①しらたき(2袋)たっぷりの熱湯で、プリプリするまで、しっかり湯掻いたら、
水気を切って、食べよく切っておく。

②酒(1)・醤油(1)・水(2)・砂糖(少々)鍋でいっしょにし、
煮立ったら、
③たらこ(1腹)あらかじめ、袋の上に数ヶ所切り目を入れたものを、加え、
鍋を揺すりながら、全体に火を通したら、弱火にし、
たらこを洗うようにして身を出し、ほぐしたら、
袋は取り除く。
 ↓
たらこが白っぽくなったら、
しらたきを加え、よく混ぜ合わせ、
再び煮立ったら、火を止める。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

しらたきの真砂煮

関西では、いとこんですね。
だからこれは、関東系の料理ですね。
もともと、江戸のしらたきと、大坂のいとこんの作り方は違っていたそうですね。
それが、今では、同じ作り方になっていますね。
それにしても、「しらたきの真砂煮」って、いいネーミングですね。
なんとなく、和のロマンを感じますね。
いとこんとたらこのたいたのんでは、やっぱ、ちょっとおちますね。
本音は、ちょっとではなく、たくさんだね。

①しらたき(2袋)熱湯で、2~3分湯掻き、アク抜きしたら、水気を切って、
食べよく切る。
②サラダ油(適量)熱したフライパンに入れ、しっかりと鍋肌になじませたところへ、
しらたきを放り込み、水気がすっかり飛ぶまで、炒めたら、
③たらこ(1腹)端を切って、包丁の背か何かで、魚卵をしごき出し、ほぐしたものを、
手早く混ぜ込み、
④酒(大さじ3)・塩(少々)好みで加え、汁気がなくなるまで、炒り煮したら、
器に盛り込む。
⑤木の芽(少々)天盛りしておしまい。

*塩を入れるときは、たらこの塩味を考えて入れましょう。塩よりも、淡口しょうゆを風味づけにしてもいいかな。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

こんにゃくの焼き鳥

これは、鶏肉でやってもいいのだろうかね。
でも、浸けダレは、鶏にはあわないような気がするな。
ところで、にんにくオイルは、ぼくのメモには、
「油の中へにんにくを入れておく」
とあるだけ。
これでは、不親切なので、「調味料」で、
にんにくオイル(ガーリックオイル)」を、ご紹介しておきます。

①こんにゃく(好きなだけ)熱湯で湯掻いてアク抜きし、水気を切って、
適当に食べよく切り分け、冷めたら
②酢・醤油(各適宜)好みの味に合わせたところへ、漬け込んでおく。
 ↓
味がしみこんだようなら、汁気を切って、
③にんにくオイル(適宜)熱したフライパンに入れ、
しっかりと鍋肌になじませたところへ、こんにゃくを放り込み、焼き上げる。

*これで、焼き鳥になるんやろか。
*じゃまくさければ、油を少し多めにフライパンに入れ、にんにくのスライスかみじんを加えたら、火を入れ、弱火で色づくまで、炒めたら、こんにゃくを入れる。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

こんにゃくのチーズ焼

こんにゃくとチーズは合うのだろうか。
こんにゃくステーキでも、チーズを使ったはずだ。
あの時は、溶けるチーズだったが、
この時は、粉チーズ。
あれは、純和風だったが、
これは、完全に洋風だ。
でも仕上げは、竹串に刺すという和風テイスト。
これもぜひ、チャレンジを。

①こんにゃく(好きなだけ)横半分に切り分けたら、3角形に切り、
さらにもう一度、3角形に切ったら、
熱湯で湯掻いてアク抜きし、水気を切って、
②小麦粉(適宜)全体にはたきこんで、
③溶き玉子(適宜)くぐらせて、
④粉チーズ(適宜)・パセリみじん(少々)合わせたものを、たっぷりとまぶし、
⑤サラダ油(適宜)熱したフライパンに入れ、しっかりと鍋肌になじませたところへ、
こんにゃくを並べ入れ、
中火で、軽く焼き色のつくほどに両面を焼き上げたら、
竹串に刺して、器に盛り込む。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

こんにゃくステーキ

こんにゃくが、ご馳走に変身します。
チーズが、こんにゃくをご馳走に変身させます。
七味唐辛子が、チーズとコラボするいう異界の味も楽しめます。
ダイエット食材のこんにゃくと唐辛子に、
ハイカロリー食材のチーズが、孤軍奮闘、果敢に挑みます。
ぜひ、チャレンジを。

①こんにゃく(2枚)横半分に切り分け、
それぞれ、水平に包丁を入れ、袋状にしたら、
熱湯で湯掻いてアク抜きし、水気を切って、
②溶けるチーズ(4枚)袋の中に、詰め込み、
表面に、味がしみやすいように、斜め格子の飾り切りをする。
 ↓
空焼きしたフライパンに
表裏を軽く焼いて、水気を飛ばし、取り出しておく。

③サラダ油(大さじ21/2)熱したフライパンに入れ、しっかりと鍋肌になじんだら、
こんにゃくを並べ入れ、
中火で、焦げ目のつくほどに両面を焼き上げ、
④醤油(大さじ4)・酒・味醂(各大さじ1)・砂糖(大さじ2)調味し、
弱火で、味がしみこむまで、煮詰めながら、
⑤ピーマン(2個)種とワタをとり、5mm幅にスライスしたのを、
フライパンの脇に入れて、汁気がなくなるほどに、いっしょに焼きあげる。
⑥七味唐辛子(適宜)好みで散らす。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

こんにゃくのバタ炒め煮

バタを使わなければ、純和風。
バタの代わりにサラダ油を使えば、純和風。
なぜ、バタを、あえて使ったのだろうか。
なぜ、バタを使うのなら、洋風に仕上げなかったのだろうか。
そこのところが、疑問だ。
そこのところを、はっきり聞きたい。

①こんにゃく(1枚)手で千切って、熱湯で湯掻いてアク抜きし、水気を切って、
串かフォークで、味のしみやすいように、穴をところどころ開ける。

②バタ(適宜)熱したフライパンに入れ、融けて鍋肌になじんだら、
こんにゃくを放り込み、全体にバタがなじむまで、よく炒める。
③酒・醤油(各少々)味を調え、さっと絡めるように炒めたら、
④かつお出汁(適宜)ひたひたに注ぎ入れ、
弱火でじっくりと煮込む。
⑤山椒の実(少々)汁気がなくなるほどになったら、仕上げに振り入れ、
火を止める。
⑥七味唐辛子(適宜)好みで散らす。

*山椒の実が、たまたま手元になかったら、かつお節をどうぞ。
*2週間は保つそうです。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

プロフィール

8ppy

Author:8ppy
あちゃぱぁふぉっふぁぱっぱらぱ。
うまい安い簡単料理レシピ大ちゅき。
手抜き本格美味微味もちろん大ちゅき。
B級C級無関係に大ちゅきです。

目指せ、2000レシピ!

↓↓ たのんまっせぇ ↓↓

にほんブログ村 料理ブログへ

こんにゃくの記事

[08/10] いとこんと鶏肉と貝柱の辛煮

[08/10] いとこんの炒り煮

[08/09] しらたきの真砂煮(その2)

[08/09] しらたきの真砂煮

[08/08] こんにゃくの焼き鳥

[08/08] こんにゃくのチーズ焼

[08/07] こんにゃくステーキ

[08/07] こんにゃくのバタ炒め煮

→次

カテゴリー

calendar

リンク

このブログをリンクに追加する

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと」始めました。
大阪が生んだ大衆芸能「人形浄瑠璃・文楽」を、ほんすこし応援します。


文楽ふたたび

 


料理についてのブログを表示する.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

 

最近のトラックバック

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード