fc2ブログ

タモライス(タモリ風オムライス)

昔、タモリ氏が「ジャングルクッキング」で紹介していた、
タモライスを、グッチ裕三氏が、再現したもの。(あくまでも風聞)
材料もすぐ手に入るものだし、
つくり方も簡単です。
この発展形が、たぶん、
グッチ裕三のなんちゃってオムライス。(大胆な推測ですが)

①ごはん(1人前・茶碗1杯)ボウルにほぐし入れ、
②ミックスベジタブル(お好きなだけ)放り込み、
③ケチャップ(大さじ3)加え、
④塩・黒胡椒(各少々)振り入れたら、味が全体に馴染むようにかき混ぜ、
⑤玉子(1人前・2個)割り入れ、ほぐすように、さらにかき混ぜておく。
⑥オリーブオイル(適宜)熱したフライパンに入れ、鍋肌に馴染んだら、
玉子ごはんを投入し、形を整えながら、炒め、半熟ほどになりかけたら、
フライパンの端を使って、オムレツ形に整えたら、
器に盛る。
⑦ケチャップ(適宜)好みでかける。
⑧ウスターソース(適宜)好きな人だけかける。


スポンサーサイト



テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

グッチ裕三のなんちゃってオムライス(金メダルオムライス)

非常に、簡単にできるオムライスだそうです。
「あの金メダリスト谷亮子に伝授した伝説のメニュー」として、
金メダルオムライスとしても、紹介されているようです。
実は、同じようなやり方で、
グッチ裕三のタモライス(タモリ風オムライス)というのがあります。
また、グッチ裕三のたまごかけごはんのチャーハンというのもありますが、
これは、たまごかけごはんを炒飯にしたもので、
簡単に、黄金炒飯もどきができあがるそうです。

①ごはん(1人前・茶碗山盛1杯)ボウルにほぐし入れ、
②ケチャップ(大さじ4)・オイスターソース(小さじ1)加え、
③黒胡椒(少々)振り入れたら、味が全体に馴染むようにかき混ぜ、
④玉子(1人前・3個)割り入れ、ほぐすように、さらにかき混ぜておく。
⑤バタ(大さじ2)熱したフライパンに落とし込み、
融けて鍋肌に馴染んだら、
玉子ごはんを投入し、形を整えながら、炒め、半熟ほどになりかけたら、
フライパンの端を使って、オムレツ形に整えたら、
器に盛り、
⑥クレソン(適宜)添える。

*コツはただひとつ、茶碗山盛り1杯のご飯に玉子3個。
*溶き玉子にしてから加えるとなおよし。
*クレソンの代わりに、茹でた枝豆を、オリーブオイルと黒胡椒で和えたものを。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

ハヤシライス(インスタント)

①ヘット(牛脂)熱したフライパンに投入し、しっかりとかしたら、
②牛バラ薄切り(適宜)ブツ切りにしたのと、
③玉ねぎ(適宜)櫛型の細切りにしたのをいっしょに、放り込んで、強火でさっと炒める。
④酒(適当)半分ほど火が通ったら、振り入れて、フランベ(フライパンをずらして斜めに傾け、ガス火を入れてアルコール分を燃やす)。
⑤トマトケチャップ(多め)・しょうゆ(適当)・砂糖(好み)・ウスターソース(このみ)で味を好みに調えたら、
フライパンをゆすりながら、煮汁を煮詰め加減にしたら、
⑥バタ(適宜)コクと風味づけに落したら、おしまい。
⑥ごはん(人数分)皿に盛ったところへ、ソースをかける。

*高級牛肉店だったら、バラよりも、脂身の多い細切りの安い肉のほうがうまい。
*家計的に余裕があれば、肩ロース肉でどうぞ。
*酒は、甘口の赤ワインでもいいし、別段、なくてもいい。
*ケチャップ・しょうゆ・ウスターソースは、各1の同割りでもいいが、砂糖は全体の味をみてから、好みで入れるほうが無難かな。
*ダイエット中の人は、仕上げのバタは控えませう。
*ハンバーグを焼いたあと、フライパンに脂を捨てて、酒を加え、ケチャップ・しょうゆ・ウスターソース(各1)に、砂糖(好み)とバタを加えてソースを作ると美味しいよ。



テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

ハヤシライス(ライトイージー)

①牛肉(おまかせ)食べよく切ったら、
②小麦粉(適宜)全体にまぶしつけて、余分な粉ははたき落としておく。

③バタ(たっぷり)熱したフライパンに投入し、
④ベイリーフ(1/2枚)バタが溶け出しら、はらりと入れて、バタが焦げないように熱し、ベイリーフの香りが効きすぎると不味くなるので、バタが熱くなったら、ベイリーフを取り出す。
 ↓
下ごしらえをした肉を放り込んで、全体に火が通るように、手早く炒め、
⑤玉ねぎ(適宜)厚めにスライスしたものを、放り込んで、さっと炒めたら、
⑥酒(適宜)注ぎ入れ、
⑦トマトピュレ(1本)加えたら、ちょっとばかし、煮る。
⑧トマトケチャップ(適宜)好みに味を調え、
⑨湯(適宜)好みの濃度になるように注ぎ入れたら、
⑩ウスターソース(少々)好みで、色付けにたらす。
⑪ごはん(人数分)皿に盛ったところへ、ソースをかける。

*酒の代わり、酸味のない赤ワインならちょっと本格的になりそう。
*トマトピュレは日保ちしないので、1本丸ごと使い切ること。
*トマトピュレに、バタ(適宜)・砂糖(少々)をいっしょにしてひと煮立ちしておくと酸味が飛んで、より美味になる。
*トマトピュレの代わり、トマトジュースを使うときは、濃度が薄くなるので、牛肉にたっぷりめに小麦粉をまぶすか、時間をかけて煮詰めるかする。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

ハヤシライス(ベーシック)

①牛もも肉(500g)1cm幅に切ったら、
②塩・こしょう(各少々)下味をつけ、
③小麦粉(適宜)全体にまぶしつけて、余分な粉ははたき落としておく。

④サラダ油・バタ(1:1の半割り)熱したフライパンに投入し、
下ごしらえをした肉を、2、3回に分けて、焦げないように手早く炒め、別に取ったら、
⑤玉ねぎ(中3個)3mm幅にスライスしたものを、放り込んで、
十分に色づく(ソースの色の素になる)まで、炒める。
⑥小麦粉(大さじ2)気のすむまで炒めたら、振り入れ、さっと炒め合わす。
⑦トマトピュレ(カップ2/3)加えたら、全体になじむように軽く炒め合わせ、
⑧ブランデー(大さじ2)振り入れ、少し煮立てて、アルコール分を飛ばす。
⑨ブイヨン(カップ3)注ぎ入れて、木杓子で、鍋底をこするようにときのばしたら、
⑩塩・こしょう(各少々)味を調え、15分ほど焦がさないように煮る。
 ↓
炒めた牛肉を加えて、さらに10分ほど煮たら、
⑪バタ(大さじ1)コクと風味づけに入れ、
⑫塩・こしょう(各少々)味を仕上げたら、火を止める。
⑬ごはん(人数分)皿に盛ったところへ、ソースをかける。

*小麦粉は焦がし過ぎると苦くなるよ。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

オムライスもどき(簡単あさり風味)

①卵(1人分:2個)ボウルか何かに割り入れ、
②牛乳(大さじ1)加えて、ときほぐす。
③あさり水煮缶(剥き身だけ大さじ1)放り込んで、
④あさつき(みじん大さじ1)振り込んで、
⑤ごはん(1人分:茶碗1/2)いっしょにしたら、全体を混ぜ合わせ、
⑥塩・こしょう(各少々)調味する。

⑦バタ(大さじ1)熱したフライパンに入れ、焦がさないように溶かしたら、
ボウルの中身を流し入れ、
オムレツと同じように焼いて、形を整える。
⑧ケチャップ(適宜)皿に盛り込んだら、好きなだけかける。

*ごはんが多いとうまくまとまらないのでご注意を。



テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

オムライス(煉瓦亭元祖オムライス風)

①炒め油(お好みを適宜)熱したフライパンに入れ、
②玉ねぎ(適宜)粗みじんにしたのと、
③合挽き肉(適宜)いっしょにを放り込んで、強火で1分ほど炒め、
④しょうゆ(適宜)・さとう(少々)調味する。
⑤卵(1人分:2個)ボウルか何かに割り入れ、
⑥グリンピース(適宜)加えて、
⑦マッシュルーム(適宜)スライスしたのもいっしょに入れたら、
炒めた具も加えて、よくかき混ぜる。
⑧温かいごはん(1人分:茶碗1杯)そこへ、放り込んでいっしょにし、
大きな音がするほどに、力強く、しかも速く、混ぜ合わせる。

⑨サラダ油(適宜)熱したフライパンに入れ、
ボウルの中身を全部、どーっと放り込み、強火のまま、
菜箸でざっざっざと大きく3回ほどかき混ぜたら、
すぐさま、手早く、フライパンの向こう側に全体を寄せていき(グズグズすると、卵に火が入りまとまらなくなるので、ざっとかき混ぜたらすぐ寄せること)、
フライパンの丸みのある縁を利用して、形を作る。
 ↓
寄せきったら、片手でフライパンを持ち、
片方の手で、フライパンの柄をトントン叩いて、
卵を少しずつ手前に回転させ、フライパンの内側に返すようにしながら、
オムレツの形に整えていく。
表面が焼けたら(この時点で中はまだ半熟のはず)できあがり。
 ↓
焼きあがったら、すぐに、
右手にお皿を持ち、左手でフライパンをぽんと返して、皿にのせる。
⑩ケチャップ(適宜)好きなだけかける。

*こうして書くと、簡単にできそうなんだが、実際、素人がやるとなると、上手に形がまとまらないんだな、これが、ほんと。
*煉瓦亭の元祖オムライスは、ケチャップライスではなくて、なんかしょうゆ味炒飯のようですな。


テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

オムライス

①炒め油(お好みを適宜)熱したフライパンに入れ、
②玉ねぎ(適宜)みじんにしたのを放り込んで、強火でさっと炒める。
③冷ごはん(食べたいだけ)加えて、炒め合わし、火が通ったら、
④トマトケチャップ(適宜)・こしょう(少々)調味し、
全体になじむように、さっと炒め合わせたら、別にとりおく。

⑤卵(1人分:2個)ボウルか何かに割り入れ、
⑥塩・こしょう(各少々)振り入れて、軽くときほぐしておく。

⑦サラダ油(適宜)熱したフライパンに入れ、
⑧バタ(適宜)落し入れて、焦がさないように溶かし、
そこへ、とき卵を、ジャッと流し込んで、菜箸か何かで軽くかき混ぜ、
半熟になりかけたら、真ん中にケチャップライスを入れ、二つ折りにまとめる。
⑨ケチャップ(好み)上からかける。

*ときほぐした卵の中へ、炒めたケチャップライスを放り込んで、全体をかき混ぜてから、焼き上げるという、イージー(なんとなく思うに、煉瓦亭のやり方だな、これは)なやり方もあるそうです。
*玉ねぎを炒めるときに、合挽きか、鶏肉の粗みじん(大きめに)を入れると、ちょっぴり嬉しい。



テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

プロフィール

8ppy

Author:8ppy
あちゃぱぁふぉっふぁぱっぱらぱ。
うまい安い簡単料理レシピ大ちゅき。
手抜き本格美味微味もちろん大ちゅき。
B級C級無関係に大ちゅきです。

目指せ、2000レシピ!

↓↓ たのんまっせぇ ↓↓

にほんブログ村 料理ブログへ

ごはん・その他の記事

[09/12] タモライス(タモリ風オムライス)

[09/12] グッチ裕三のなんちゃってオムライス(金メダルオムライス)

[04/20] ハヤシライス(インスタント)

[04/20] ハヤシライス(ライトイージー)

[04/20] ハヤシライス(ベーシック)

[04/20] オムライスもどき(簡単あさり風味)

[04/20] オムライス(煉瓦亭元祖オムライス風)

[04/20] オムライス

→次

カテゴリー

calendar

リンク

このブログをリンクに追加する

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと

文楽ふたたび・にはの寿々女ひとりごと」始めました。
大阪が生んだ大衆芸能「人形浄瑠璃・文楽」を、ほんすこし応援します。


文楽ふたたび

 


料理についてのブログを表示する.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

 

最近のトラックバック

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード